■考え方が行動の軸になる

どんな時も自分の思い描いている最高のプレーをしたい…そう考えるのは当たり前のことだと思います。

しかし、思い描いているプレーと実際の状況が合わなかったら…ボールを奪われ、思い通りに出来ないストレスにリズムを崩してしまう…

技術や戦術だけではなく、各個人の考え方はプレーの決断を左右します。

下記、オシム監督の言葉です。

自分自身を正しく見つめるのは難しい。だから自信などを持たずに足りないものが何かを知るべきだ。鏡に自分を映してありのままを受け入れたほうがいい。鏡が歪んでいる時にそれを指摘してくれる友人も必要だがね。

私達、大人も同じだと思います。

ただ大人よりも子ども達の方が素直に受け入れることが出来るはずです。

■パフォーマンスの発揮に必要なこと

ジュニア年代の子ども達は、まだまだボールと自分の関係でサッカーを考えている選手が多いのは事実です。

少しずつ社会性を持ち始め、物事を客観視出来るようになると不思議とサッカーでも客観視出来るようになってくるものです。

自分とボール→自分とボールと相手→自分とボールと相手と仲間→自分達のグループと相手のグループ→自チームと相手チーム→自チームと相手チームと応援してくれる人達、そしてスポンサーや地域の人達…関わる人、全体を見れるようになるにはまだまだ先のことかもしれません。

まずはチームの為に小さなことを積み上げ続けること…これがパフォーマンスの発揮には一番重要なことだと思います。

それはグランドの中だけのことではないと思います。