■伝える力を考える

仲間に何かを伝える時、『どんな言い方で伝えると伝わりやすいか?』を考えてみようとチームの子ども達に話をしています。

周囲への少しの気遣いでコミュニケーションはスムーズになっていくはずです。
それは子どもの社会だけでなく、大人の社会でも同じだと思うのです。
まずは大人が手本を見せる必要があるかもしれませんね…

独自のプログラム

チームではコミュニケーション能力を高める為に独自のプログラムを作って実践をしています。
仲間と声を掛け合って問題を解決していく中でどのような言葉を使って、どんなタイミングで伝えれば良いか?を感じ取れる内容になっています。
試合の勝ち負けは別にして、やんちゃな時期の子ども達が少しずつ周囲を気に出来るようになってきたのを感じています。